【生駒郡斑鳩町】法隆寺と周辺の有名スポット

【生駒郡斑鳩町】法隆寺と周辺の有名スポット

生駒郡斑鳩町について

生駒郡斑鳩町は奈良県の中西部にあり、五重塔で有名な法隆寺など多くの寺院があります。
聖徳太子ゆかりの地として国内外から多くの観光客が訪れ、昔ながらの雰囲気を感じさせてくれる場所です。
交通アクセスはJR関西本線法隆寺駅が中心で、奈良市や大和郡山市などを結ぶ路線バスもあり観光に使われています。

生駒郡斑鳩町のおすすめスポット

法隆寺

法隆寺聖徳太子が推古天皇の命で建立した寺で、斑鳩町を代表する観光名所として定着しています。
薬師如来像はご本尊で、現在では金堂に安置され当時の面影を残していることでも有名です。
五重塔は遠くからでも目立ちやすく、金堂とともに国宝として外国人観光客にも注目されています
法隆寺は観光以外に聖徳太子ゆかりの寺院であるため、仏教や仏教史、仏教美術などを学ぶために全国から訪れる人が多いです。
中でも夢殿は個性的な形をしたユニークな建物で、748年に聖霊会を始めたという聖徳太子の信仰の聖地として知られています。
春と秋には夢殿本尊特別開帳が行われ、奈良時代の国宝を詳しく知る機会になり人気です。

中宮寺

中宮寺は聖徳太子の母が太子に希って建立した尼寺で、飛鳥時代から続く国内最古の歴史があります。
女性の方に人気があり、ご本尊にある菩薩半跏像飛鳥時代がほこる彫刻の最高の傑作であり国宝に指定されるほどです。
この像を見るために多くの女性が訪れ、菩薩様でありながら印象的な黒色とやさしい顔立ちのため不思議な力が宿ってきます。

天寿国曼荼羅繍帳は聖徳太子の妻が夫の死を悼んで作られ、中宮寺にあるものはレプリカですが実物は奈良国立博物館にありついでに立ち寄ると興味深いです。

龍田大社

龍田大社は2100年の歴史があり、崇神天皇の時代に住民を救うために創建されました。
風の神をお祀りすることで知られ、ご神紋は葉が8つに分かれた楓のマークが個性的です。
このマークは風の神は陰陽五行では木気に当たる事から風に木の文字で楓という漢字になっています。
7月には風神大祭や風神花火の奉納があり、春には桜がきれいに咲き乱れるため人気です。
神話の時代から続くご利益としても有名で、あやかれるように訪れる観光客が増えています。

レストラン若竹

レストラン若竹法隆寺駅前にある老舗のレストランで、庶民的な雰囲気で笑い飯の哲夫さんがお気に入りの店としても有名です。
歴史を感じて多くの寺院や神社などがある斑鳩町で町の食堂として定着し、洋食店として女性にも人気があります。
値段が安くてボリュームがあるため満席になる時間帯も多く、観光のついでに腹ごしらえをするために立ち寄るには最適です。
以前はラーメン屋台からはじまり中華食堂を経て洋食店になりましたが、創業当時の味とボリュームを守り続けています
店内は2010年にリニューアルされていますが、洋食がメインで先代から受け継いだ味を楽しめることでも有名です。
人気のメニューはミンチカツやちゃんぽんなどがあり、駅前にあって気軽に立ち寄れます。


Warning: file_get_contents(): SSL: Connection reset by peer in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: operation failed in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索