【磯城郡三宅町】小さな町にある有名スポット

【磯城郡三宅町】小さな町にある有名スポット

磯城郡三宅町について

磯城郡三宅町は県内で面積が最も小さく、全国でも2番目に小さいですが多くの古墳があります。
地名にも石見や但馬など旧国名のものが多く、1889年に町村制の施行で三宅村が発足し1974年に調整施行して三宅町になりました。
古くからスポーツ用品の生産が盛んで、最盛期には国内のグローブの生産量の8割を占めていました。
このため、繊維系の工場も多く、昔ながらの町工場が立ち並んでいることが特徴です。

磯城郡三宅町のおすすめスポット

伴堂杵築神社

伴堂杵築神社の祭神はスサノオノミコトで、旧村社としても有名です。
絵馬はおかげ参りと伴堂池掘りがあり、おかげ参りを描いた天保2年の1831年の2枚と慶応4年の1868年の1枚は県の有形民俗文化財に指定されています。
境内は多数の踊り子が輪になり踊る様子が描かれ、当時の風俗などが分かる民俗学上で貴重な資料があります。
おかげ参りの絵馬は豊年祈願と感謝を込めて描かれ、パワースポットとして人気が高いです。
境内の拝観は自由であり、絵馬を見るために参拝する観光客が増えています。

屏風杵築神社

屏風杵築神社三宅町の屏風にあり道路を挟んで白山神社があり、聖徳太子ゆかりの寺としても有名です。
聖徳太子が休憩を取るときに矢で地面をつくときれいな水が湧き出したという伝説があり、その後は通るたびにこの水を飲んでいました。
このときに屏風を立てて聖徳太子を接待したことで、屏風の清水として伝説になり地名の由来になったことが特徴です。
拝殿の絵馬には聖徳太子接待絵馬が奉納されるなどゆかりがあり、歴史が好きな方には参拝すると不思議な力が付くかもしれません。

三宅町保健福祉施設 あざさ苑

あざさ苑の周辺に多くの小型前方後円墳があり、正面には愛の花として有名なあざさが咲いています。
三宅古墳群の散策の拠点として使え、館内には喫茶みそら屋があり日替わりランチや軽食などを味わえ入浴も可能です
浴場からは夕日を眺めると疲れを癒やしてくれるため、奈良盆地や周辺の山々の景色を楽しめます。
高齢者施設としても使われ交流スペースでは情報交換ができ、高齢化が進んでいる地域であることを実感でき多目的ホールもあって便利です。
周辺にはあざさの花や万葉歌碑などもあり、ロマンチックな雰囲気を味わえるスポットも多くデートをするために行くと不思議な力が宿ってきます。


Warning: file_get_contents(): SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14077438:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert internal error in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(): Failed to enable crypto in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3

Warning: file_get_contents(https://eiyoushi-navi.net/wp-json/custom/v1/posts/): failed to open stream: operation failed in /home/formosa1/nara-eiyoushi.net/public_html/wp-content/themes/lionmedia/sidebar.php on line 3
NEW 新着求人
求人検索